ブドウ畑 – Château de la Dauphine



ブドウ畑

テロワール – 自然派としてのこれから

過去10ヴィンテージの醸造経験をへて、ブドウ畑についての理解は深まりました。今後の畑管理について熟考を続けた結果、自然な流れとして有機農法(AB)およびビオディナミ農法への転換を決断しました。



総栽培面積53ヘクタール… 南向きのブドウ畑はアンフィテアトルム(円形劇場)状に広がり、丘上下の区画の高低差は60メートルです。14タイプの土壌を以下3つのグループに分けています。

- 台地部分は、アステリアス石灰上の粘土質・石灰質土壌 - 傾斜地は、フロンサック特有のモラス上に深度の浅い粘土質・石灰質土壌 - 低地部分の下層部は粘土質、表層部は粘土質・泥土質・砂質土壌


これまで10ヴィンテージほど醸し、10数年の経験を積み、ブドウ畑についての理解は深まりました。今後の畑管理について熟考を続けた結果、有機農法(AB)およびビオディナミ農法への転換を決断。それは自然な流れでした。ブドウを栽培する上で大切にしている「哲学」、それは容易さに逃げないこと。「些細なことがクオリティを生む。しかしクオリティは些細なことではない」 どのような技術を採用するか… 耕起か草生栽培か。剪定法は?垣根の高さは?夏季作業の内容は?土壌改良や区画改編に至るまで… 2015年の「AB」認定取得につづいてビオディナミ農法を導入することで、倫理的農法に関する知識やスキルも徹底的に深まりました。家畜糞、植物、鉱物といった自然物質をベースに生成され、月の周期に従って適用されるプレパラシオン(調合剤)。自然環境と人体に優しい生産を目指し、自然のリズムに合わせ、丁寧な栽培法を採用しています。.

他の記事を読む

マリー=ジョゼフ・ド・サックス

フランス王家のドーフィーヌ(王太子妃)のお眼鏡にかなったのは… ラ・ドーフィーヌ
18世紀、ルイ16世の母君はここシャトー・ド・ラ・ドーフィーヌを滞在場所にお選びになり、この出来事はシャトーの名を世に広めることに大きく貢献しました。
醸造庫について

最新設備完備の醸造庫
育成ワインの魅力を最大限に引き出す目的で整備された最先端技術を取り入れた醸造庫です。キーワードは「精度、こだわり、創意工夫」…