フロンサック – Château de la Dauphine



フロンサック

数千年の歴史を誇るアペラシオン

リブールヌ地区(サンテミリオン、ポムロール、フロンサック)は、ガリア・ローマ時代におけるボルドー・ブドウ栽培発祥の地と考えられています。

今から2000年ほど前、フロンサックに最初のブドウが植えられます。

770年、カール大帝はフロンサックの丘に不落の砦を建設します。

フロンサックの地名の元といわれる「フロンキアクス(Fronciacus)」の登場もこの時代です。
1663年、枢機卿リシュリューはフロンサック公爵領の所有権を取得します。以降、フロンサックワインの名声の高まりはとどまるところを知らず。18世紀にはリブールヌ地区ワインの品質向上を牽引する地区として、また、世界的海洋貿易の発展に伴って、ボルドー地方における代表的ブドウ生産地区としての地位を確立します。 18世紀には、フロンサックワインはリブールヌ地区の中でも最高級の評価を得ており、当時はサンテミリオンおよびポムロール以上の高値で取引されていました。

他の記事を読む

フロンサック

グランヴァンを生む歴史的テロワール
歴史的にはカール大帝の封地であり、砦が設置された場所。高貴なセパージュ(ブドウ品種)を迎えるにふさわしい環境へと、まるで手入れされたかのような丘陵。
マリー=ジョゼフ・ド・サックス

フランス王家のドーフィーヌ(王太子妃)のお眼鏡にかなったのは… ラ・ドーフィーヌ
18世紀、ルイ16世の母君はここシャトー・ド・ラ・ドーフィーヌを滞在場所にお選びになり、この出来事はシャトーの名を世に広めることに大きく貢献しました。