`Delphis de La Dauphine – Château de la Dauphine
VIN

デルフィス・ド・ラ・ドーフィーヌ


飲み心地の良いワインです。毎日の美味しい食卓に気軽にコーディネートいただけます。.
シャトーの石垣で囲まれた区画に実るブドウを使用し、フレンチオーク樽(新樽10%)をもちいて12ヶ月の育成期間をへて醸され、若い段階からお楽しみいただけるワインです。




伝統耕作法、片面除葉。
夏季摘房(グリーンハーベスト)、手摘み収穫。
除梗作業の前後に分けて二重に選果を実施。
温度調節機能付きコンクリートタンク。
醸造期間:平均20日間
オーク樽内で育成・熟成(新樽10%):12ヶ月
醸造コンサルタント:ミッシェル・ロラン
生産量:4万本



アペラシオン:フロンサック
面積:13ヘクタール
土壌:土壌:粘土質・泥土質・砂質土壌
品種:100%メルロ
植樹密度:6300本/ha
収量:40〜45 hL/ha
平均樹齢:30年


料理との組み合わせ

デルフィス・ド・ラ・ドーフィーヌ 2006年


デルフィス・ド・ラ・ドーフィーヌの初ビンテージ。濃厚なレンガ色のトーンの外観。ブーケにはほのかに熟成の進み具合が見られ、グリオット種チェリーを微かに感じさせる。バランスの良い「ミディアムボディ」なワイン。果実、特にドライレーズンを思わせる溶け込んだ味わい。

テイスティングアドバイス
熟成ポテンシャル:2015年
ピーク:今お楽しみください
カラフ使用:不要
サービス温度:16−18度
.
料理との組み合わせ
豚加工品(ハム、パテなど)盛り合わせ、プロヴァンスハーブ風味の鶏ロースト

デルフィス・ド・ラ・ドーフィーヌ 2007年


朱色の外観。熟成が進んだ香りにはジビエやクローブのノートが表れている。アタックにはキレがあり、チェリーやプラムといった核果類果実の風味が特徴的。風味豊かで「すぐに楽しめる」ワインの典型的味わい。

テイスティングアドバイス
熟成ポテンシャル:2015年
ピーク:今お楽しみください
カラフ使用:不要
サービス温度:16−18度
.
料理との組み合わせ
ブドウの枝で焼いた牛肉グリルステーキ、子羊の干しプルーン入りタジン、鶏のコロンボ

デルフィス・ド・ラ・ドーフィーヌ 2008年


2008年ビンテージは朱色の光沢を持つ外観が特徴的。焦焙性の香りが軽めの樽育成から得られ、お香を思わせる。味わいはしなやかで、瑞々しく、メンソールを感じさせる。後味では、最後に酸を軽く感じさせる。

テイスティングアドバイス
熟成ポテンシャル:2016年
ピーク:今お楽しみください
カラフ使用:不要
サービス温度:16−18度
.
料理との組み合わせ
ポトフ、圧搾ハードタイプチーズの盛り合わせ

デルフィス・ド・ラ・ドーフィーヌ 2009年


輝きと深みのあるルビー色の外観。非常にエレガントな香り、ラズベリーのような陽の光をたっぷり浴びた赤果実を思わせるアロマ。ほのかなペッパーの 香りが全てを引き立てている。味わいも風味豊か…。ブラックベリーやスグリの風味、全体的に濃厚なアロマが特徴的。ストラクチュアの美しいワインで、 2009年ビンテージにふさわしい品格を備えている。

テイスティングアドバイス
熟成ポテンシャル:2017年
ピーク:今お楽しみください
カラフ使用:不要
サービス温度:16−18度
.
料理との組み合わせ
子牛のあばら肉のグリル、昔ながらのレシピのフレンチトースト

デルフィス・ド・ラ・ドーフィーヌ 2010年


深みのあるルビー色の外観。香りは鮮やかで、果実およびスパイスを感じさせる。味わいはビロード感があり、サテンのよう。熟した瑞々しいタンニンが 上質な濃厚さを帯びてゆき、「素晴らしき果汁」を生む。味わいの後味の長さが特徴的で、ビンテージのイメージどおりの上質な複雑性と美味しい風味を備えた 2010年ワイン。

テイスティングアドバイス
熟成ポテンシャル:2018年
ピーク:今お楽しみください
カラフ使用:不要
サービス温度:16−18度
.
料理との組み合わせ
コンテチーズとヘーゼルナッツのクッキー、ペカンナッツのブラウニー、コケモモソース仕立てのマグレ・ド・カナール

デルフィス・ド・ラ・ドーフィーヌ 2011年


深い真紅色のカラーは、潰したラズベリーやスグリのほのかな香りと見事に調和する。 アタックには瑞々しさが感じられ、なめらかなタンニンがもたらす優しいストラクチュアが印象的。味わいには赤果実を感じさせる。軽やかで調和のとれたワイン。

テイスティングアドバイス
熟成ポテンシャル:2018年
ピーク:今お楽しみください
カラフ使用:不要
サービス温度:16−18度
.
料理との組み合わせ
子牛肉ホワイトソース煮込み、鶏肉とパスタのグラタン

デルフィス・ド・ラ・ドーフィーヌ 2012年


輝きのある真紅の外観。若いワインに特徴的な外観です。生鮮イチジクを思わせる香りとともに、リコリスの香りを含んでいます。 優しい口当たり、味わい中盤も実にしなやかです。後味には上質な風味が広がります。

テイスティングアドバイス
熟成ポテンシャル:2020年
ピーク:今お楽しみください
カラフ使用:不要
サービス温度:16−18度
.
料理との組み合わせ
バスク風マグロのステーキ、赤果実のクランブル

デルフィス・ド・ラ・ドーフィーヌ2014


鮮やかな赤紫色の外観。ファーストノーズはとにかくみずみずしく、美味しそうなイチゴジャムのニュアンス。セカンドノーズにはリコリスが香ります。アタックは活力を感じさせると同時にしなやか。上質なタンニン。味わいにもみずみずしさとリコリスの風味が心地よく広がります。

テイスティングアドバイス
熟成ポテンシャル:2020年
熟成ピーク:2018年
カラフ使用:必要なし.
サービス温度:16−18度
.
料理との組み合わせ
ボルドー風ヤツメウナギ(ランプロワ)、鴨のパルマンティエ.