Château de La Dauphine – Château de la Dauphine
ワイン

シャトー・ド・ラ・ドーフィーヌ


シャトー・ド・ラ・ドーフィーヌにふさわしいエレガンス。複雑な風味を魅力とする調和に満ちたワインです。
丘陵の畑に実るブドウを使用し、フレンチオーク樽(新樽30%)をもちいて12ヶ月の育成期間をへて醸される長期熟成向きワインです。




伝統耕作法、片面除葉。
夏季摘房(グリーンハーベスト)、手摘み収穫。
除梗作業の前後に分けて二重に選果を実施。
温度調節機能付きコンクリートタンク。
醸造期間:平均20日間
オーク樽内で育成・熟成(1/3新樽):12ヶ月
醸造コンサルタント:ミッシェル・ロラン
生産量:12万本



アペラシオン:フロンサック
面積:40ヘクタール
土壌:フロンサック特有のモラス(堆積岩石)上の粘土質・石灰質、アステリアス石灰
品種:90%メルロ、10%カベルネ・フラン
植樹密度:6300本/ha
収量:40〜45 hL/ha
平均樹齢:33年


料理との組み合わせ

シャトー・ド・ラ・ドーフィーヌ 2014年


輝きと深みのあるルビー色の外観。香りはどちらかというとデリケートで、焙煎やリコリスのニュアンス、そして果実のアロマとしてはほのかにグリオット種チェリーが香ります。味わいには素材感がありますがとにかく丸く風味たっぷり。後味には甘み感とともに上質な余韻が残ります。
テイスティングアドバイス 熟成ポテンシャル:2026年
熟成ピーク:2020年
カラフ使用:2時間前
サービス温度:16度

料理との組み合わせ
黒豚リブのグリル料理、熟成ゴーダチーズ