収穫2019 – Château de la Dauphine

収穫2019

木曜日19 9月2019は、メルロとカベルネフランの私たちの53ヘクタールの収穫の始まりです。 乾燥した、暑い天候でさえ、ブドウとその初期の熟成に利益をもたらしたが、それを損なうことなく。 非常に技術的な年、特に緑の仕事(スタンピング、ストリッピングなど)のために。 ブドウ園は、バイオダイナミック製剤によって補完される有機農業の認定を受けるこのヴィンテージのためにラ・ドーフィネで完璧な衛生状態にあります。 結果は非常に豊かで芳香族は、例外的な新しいヴィンテージを約束する最後の20ヴィンテージの最高のタンニックの可能性のいくつかを持っています!

2019年のヴィンテージのより多くの技術情報に興味がある方のために、ここでは私たちのワインとバイオダイナミックコンサルタント、ソビビンのデビッド・ペルネットの分析です:

「2019年春の雨が頻繁に降るにもかかわらず、特に6月上旬には涼しい気温が高まり、カビやブドウ畑は有機や生物力学を含めて適切に保護することができました。今年の6月の最後の10年間から天候は劇的に変化し、7月下旬と8月上旬の2つの雨のエピソードによってのみ暖かく乾燥した夏の状態に道を譲りました。これらの雨は、ベレーゾンの前に既に設置された水ストレスが成熟の間に大きくなりすぎないようにしました。6月下旬と7月下旬の日差しと暑さは、フィルムの初期のポリフェノール負荷を刺激し、カベルネの多様な香りを劣化させた。成熟時の中程度から強い水ストレスは、砂糖の負荷を加速し、酸の分解とベリーのフェノール電位をさらに増加させている。これらのストレスはまた、タンニン、特に種子の熟成に有利であり、表面土壌の低い再加湿は、必要な酸味が低いにもかかわらず、正しいpHを維持することができました。これらの南部の夏の条件から、結果は最後の20ヴィンテージの中で最も高いタンニックとアントシアニンの可能性を持つ非常に豊かで非常に芳香族の必要があります。カベルネは、メルロの活気を和らげるために特に貴重です。今年は昨年のレベルのワインが期待できる」

Comments are closed.